トップページ患者さまへ入院について地域医療連携のしくみ
地域医療連携のしくみ


現在、厚生労働省の方針により、医療機関の機能分担が進められています。
これは個々の医療機関が単独で医療を提供するのではなく、それぞれが医療機能の分担や専門化を進め、お互いに連携・補完しながら一人ひとりの患者さまに対してより効果的・効率的な医療を提供し、継続性のある適切な医療を受けられるようにするものです。

南風病院では、県より「地域医療支援病院」の承認を受けており、地域の中核医療を担う急性期病院として、手術や専門的な治療などを中心に医療を提供しています。
「地域医療支援病院」についてはこちら
患者さまの症状が安定したら、地域の医療機関をご紹介させていただいております。
その場合、継続性・一貫性のある治療ができるように、診療内容の綿密な連絡を図るなど、地域医療連携システムを推進しております。


南風病院画像診断センター政記念消化器病研究所病院広報誌「南風便り」