トップページ病院概要高度医療機器・設備
高度医療機器・設備
人を思いやる心が知恵を育み、より優れた設備を次々に生み出してきました。
より精密に的確に健康状態を見つめ回復への道を進みたい!
私たちは治療を受ける方々の立場で最新の設備やシステムを追及し続けます。

■最先端手術支援ロボット

ダヴィンチ ダヴィンチ
ダヴィンチは最先端の手術支援ロボットであり、世界中で利用されている腹腔鏡手術を支援する内視鏡下手術支援ロボットです。

■最先端画像処理システム

PET/CT PET/CT
がん予防医学の最先端PET/CTを導入。
専門的な「がん」医療を提供いたします。
MRI MRI
MRI検査とは磁石の力で人体のいろいろな方向の輪切りや縦切りの画像を撮るもので、脳や脊椎、骨盤、手足の関節の撮影に向いています。
CT CT
CT検査はX線を利用して人体の輪切りを画像にする検査です。短時間で胸腹部などの広い範囲を細かく撮影でき、また血管や骨などの三次元表示が可能です。
当院では16列と64列の2台のマルチスライスCTを新たに導入し、より高画質、超高速撮影が可能となりました。
SPECT-CT(RI) RI(SPECT-CT)
ガンマカメラとX線CT装置を搭載。X線CTによる確実な吸収補正によりずれのない正確な重ね合わせが可能。
IVR-CT IVR-CT
血管造影CT複合装置とも言い、血管造影装置とCT装置が一体となった医療機器で、同じベッドで血管造影とCT撮影ができます。
PET-CT 超音波診断装置
生体に投射した超音波を探触子でとらえその画像から診断をくだす方法。人体には全く無害で痛みもありません。甲状腺、腹部、骨盤部を中心に検査を行います。
マンモグラフィ マンモグラフィ
乳腺専用のデジタルX線装置です。検診を中心に行い撮影された乳腺画像を専用の解析装置で微小な病変を見つけます。当院では、女性の診療放射線技師が検査担当いたします。
X線TV装置 X線TV装置
多目的X線FPD装置であり、整形外科をはじめ、消化管検査、肝胆膵検査(PTCD,ERCP)などの多様な検査に対応した装置です。特徴として撮影視野が大きく、被曝線量も低減化された装置です。

■血管造影室

・IVR-CT
・血管造影装置(頭部、腹部、四肢、心臓)

■消化器病センター

●X線TV装置(2台)
●超音波診断装置(3台)
●内視鏡装置(5台)上部、下部、小腸

■その他医療機器・設備

  • ●高気圧酸素治療装置(HBO)1台
  • ●人工透析室(34床)
  • ●骨密度測定装置
  • ●気管支ファイバー
  • ●誘発電位検査装置
  • ●ホルター心電図
  • ●トレッドミル
  • ●特定集中治療室(ICU6床)
  • ●ポータブル撮影装置 2台
  • ●外科系X線TV装置(DR)
  • ●肝臓内科専用腹部超音波診断装置
  • ●睡眠時無呼吸症候群検査装置
  • ●眼底カメラ検査装置
  • ●全自動血液凝固測定装置
  • ●超音波検査装置(心臓・腹部・頚動脈・末しょう血管)
  • ●脊椎内視鏡手術セット(MED)
  • ●肺機能検査装置(精密)
  • ●磁気刺激装置
  • ●重心動揺計
  • ●一般撮影装置(CR) 2台
  • ●手術室5室(外科、整形外科、脳外科、他)
  • ●心電計
  • ●脳波計
  • ●血圧・脈波装置
  • ●聴力検査装置
  • ●多項目自動血球装置
  • ●生化学自動分析装置
  • ●筋電図
  • ●自動免疫組織化学染色装置
  • ●遺伝子解析装置

南風病院画像診断センター政記念消化器病研究所病院広報誌「南風便り」