薬剤部

■部門長紹介

薬剤部 部長 田中和子 Yoriko Tanaka薬剤部は、院内のすべての医薬品の供給管理を行い、患者さまに適正に使用され、効果を発揮する全てのプロセスに関わりを持っています。
私たちが、毎日手にしている医薬品は情報の集まりです。錠剤や注射剤などそれぞれに含まれている情報は、化学物質としての情報や医薬品として体に入ってから効果を発揮し、体の外に尿等と一緒に排泄されるまでの様々な情報であり、膨大なものです。その情報を医薬品の供給と共に患者さまやスタッフに的確に伝え、薬物治療の質と安全の向上に寄与することが薬剤師の重要な任務だと考えています。
そのため、調剤はもちろんですが、病棟に常駐し、医師や看護師などと共にチーム医療の一員として医薬品のより安全で適正な使用に取り組んでいます。そして病院薬剤師の役割を果たすためにさらに研鑽を積み、最新の知識や情報を生かして患者さまの回復をサポートしたいと思います。 薬剤部(東館)
その他、地域での連携のための研修会を開催し、また薬剤部での実習・見学も受け入れています。大学薬学部では5年次に5ヵ月間の実務実習が義務づけられており、当薬剤部でも病院薬剤業務の実習が行なわれます。様々な面から社会に貢献できるよう努めてまいります。
この度、薬剤部は東館に移転いたしました。設備等も一新し、よりよい業務環境が整いました。

■方針

「人にやさしく、あたたかく」という病院の理念のもと、薬剤師業務を行っています。患者さまの安全および満足を第一に考え、安心して薬物治療を受けていただけるようにいたします。医薬品の供給管理、調剤、医薬品の説明や副作用等の確認、高カロリー輸液や抗癌剤の無菌調製などの業務の質の向上に努めます。お薬についての相談は、いつでもお受けいたします。

■得意分野

病院薬剤師としての専門性を活かして、がん化学療法チーム、感染対策チーム(ICT)、緩和ケアチーム、栄養サポートチーム(NST)、褥瘡ケアチーム、呼吸器ケアチーム、CRCといった院内のチーム医療の一員として積極的に活動を行い、患者さまの治療が安全かつスムーズにいくように取り組んでいます。

■特色

  • ・電子カルテシステムによる入院・外来調剤 (自動錠剤分包機、散剤監査システムの導入などで医薬品の安全確保と業務の効率化に努めています)
  • ・外来患者さまへの情報提供および外来服薬指導 (化学療法中の患者さまへの薬剤師外来、糖尿病教室など)
  • ・入院予定患者さまへの入院前面談
  • ・入院患者さまへの服薬指導(薬剤管理指導業務) ・病棟薬剤業務
  • ・チーム医療への参画
  • ・医薬品情報提供、注射剤無菌調製など
  • ・地域連携活動

■業務内容薬剤部調剤室

1)外来患者さまへのお薬の説明
当院で調剤をおこなう全ての外来患者さまに薬の効果・副作用等を記したお薬説明書を提供し、患者さまにわかりやすく、丁寧な説明を心がけています。
また、外来で化学療法を受けられる患者さまには、薬剤師外来で患者さまのお薬による副作用や服薬状況の確認、その他相談などを受けています。
2)病棟薬剤業務および薬剤管理指導
すべての病棟に専任の薬剤師(病棟薬剤師)を配置しています。病棟薬剤師は患者さまの話を聞くことや検査の結果などをもとに、安全に薬が使用されているか確認しています。また、薬の効果・飲み方、副作用、相互作用(薬の飲み合わせ)についてきちんとお伝えすることで、患者さまの薬への不安や疑問をなくし安心して薬が飲めるように心がけています。また、回診やカンファレンスに参加して患者さまの治療について医師や看護師ら他の医療スタッフと話し合い、より良い薬物治療を提供しています。
3)チーム医療への参画
当院では、がん化学療法チーム、感染対策チーム、緩和ケアチーム、栄養サポートチーム、褥瘡ケアチーム、呼吸ケアチーム等の各分野に薬剤師が関わり、適正で良質な医療の提供に努めています。
4)その他の業務
薬剤部無菌調製室[A] 抗がん剤の無菌調製、高カロリー輸液等の無菌調製
病院の中で投与されるすべての抗がん剤を無菌調製しています。また、食事が採れない患者さまのための高カロリーの栄養輸液等も無菌調製しています。
[B] 注射調剤業務
医師の処方した注射処方せん内容(投与する注射薬の投与量、投与方法、配合禁忌等)をチェックし、一処方毎にセットし供給しています。
薬剤部医薬品情報室 [C] 医薬品情報(DI)業務
患者さまに安全で適切な薬物治療を提供するため、院内のスタッフに対し、院内ウェブに安全性情報や最新の医薬品情報を掲載し迅速かつ的確な医薬品情報提供ができるよう、日頃より情報の収集、整理・加工および情報の専門的評価に努めています。医薬品の採用等についてのお知らせは院外へも発信しています。
[D]治験・臨床研究
治験コーディネーターとして活動し、また治験薬の調剤、交付、管理等を行っています。市販後の医薬品の使用成績調査等や臨床研究にも力をそそいでいます。
〔E〕医薬品管理
バーコードを用いた医薬品管理システムを運用して効率的な在庫管理と自動発注を行っています。

■機器・設備

散剤分包機、自動錠剤分包機、散薬監査システム、錠剤粉砕機、錠剤分割機、自動除包機、薬袋・薬剤情報提供紙用プリンター、クリーンルーム、安全キャビネット、クリーンベンチ、パソコン(電子カルテ用)等

■施設・資格認定

日本医療薬学会研修認定施設、日本医療薬学会がん専門薬剤師研修施設、日本医療薬学会薬物療法専門薬剤師研修施設、薬学生実務実習受託施設、日本医療薬学会認定指導薬剤師、感染制御認定薬剤師、NST専門薬剤師、がん薬物療法認定薬剤師、日本臨床腫瘍薬学会外来がん治療認定薬剤師、緩和薬物療法認定薬剤師、日本臨床薬理学会認定CRC、糖尿病療法指導士、認定実務実習指導薬剤師、日本病院薬剤師会認定指導薬剤師、研修認定薬剤師(日本薬剤師研修センター)、生涯研修認定薬剤師(日病薬)、スポーツファーマシスト等

■研究業績

研究業績はこちら


南風病院画像診断センター政記念消化器病研究所病院広報誌「南風便り」