トップページ病院概要関連施設画像診断センターFDG-PET検査の保険適応疾患の改訂について
FDG-PET検査の保険適応疾患の改訂について

平成22年4月より、PET/CT検査(ポジトロン断層・コンピューター断層複合撮影)の適用疾患が変更になりました。
適用疾患が拡大し、下記表のように早期胃癌を除く全ての悪性腫瘍が適用となります。ただし、以前は『肺癌・乳癌・大腸癌・頭頸部癌・膵癌』の良悪鑑別(疑い)が適用でしたが、良悪鑑別(疑い)は全て適用外となります。

I.悪性腫瘍
1.悪性腫瘍
(早期胃癌を除く)
・他の検査、画像診断により病期診断、転移、再発の診断が確定できない患者(すでに診断されている患者)

II.心疾患
2.虚血性心疾患 ・虚血性心疾患による心不全患者で、心筋組織バイアビリティ診断が必要とされる患者。ただし、通常の心筋血流シンチグラフィで判定困難な場合に限る。

III.脳疾患
3.てんかん ・難治性部分てんかんで外科切除が必要とされる患者
■注意事項■
  • 同一月内の同一病名による複数回のPET検査は適用になりません。
  • 同一月のガリウムシンチは保険対象外となります。
  • 他の画像診断とは、主にCTやMRI、X線写真、超音波検査、注腸造影、マンモグラフィー等のことを指します。

南風病院画像診断センター政記念消化器病研究所病院広報誌「南風便り」