CANCER当院におけるがん診療の取組みについて

薬剤師外来のご案内

当院の薬剤師外来とは

抗がん剤治療の進歩により、がん化学療法は入院から外来で行われるようになりました。当院のがん化学療法を受けている患者さんの半数以上が外来で治療をされています。抗がん剤の点滴をされた後、患者さん自身がご自宅でセルフケアをされることになります。私たち薬剤師は患者さんに安心して治療を受けていただくために「薬剤師外来を行っております。「薬剤師外来では、抗がん剤治療が開始される時にくすりの治療スケジュールや副作用、その副作用に対する対応方法について詳細に説明させていただいています。また、患者さんが治療目的で来院される時には、医師の診察前に薬剤師が副作用の確認や、患者さんが治療に対して抱えている不安や問題を傾聴して、診察時に医師へすみやかな情報提供を行っています。このように「薬剤師外来」は外来治療の一環として患者さんを支援しています。患者さんは、がん治療だけでなく他の病気の治療もされていることがあり、複数のくすりを飲まれていることもあります。くすりの飲み合わせや副作用についてくすりの専門家として積極的に外来がん化学療法患者さんをサポートいたします。

外来がん化学療法の流れ

採血・看護師による問診・薬剤師外来・診察・治療まで外来診療の一環

薬剤師外来の面談内容

  • くすりの効果や治療スケジュール、飲み方の説明
  • くすりの副作用とその対策についての説明
  • 治療中の副作用の確認
  • 痛みのコントロール など
公益社団法人鹿児島共済会 南風病院