NURSE看護部の紹介

先輩からのメッセージについて

ベテランナース

現在の仕事内容を教えてください

ベテランナース

階病棟の消化器・呼吸器外科に勤務しています。3階病棟に入院される患者さんは、手術前後、癌性疼痛、癌化学療法、終末期と多岐に渡っています。そのため、病棟のスタッフに加えてICT、NST、MSW、創傷管理(WOCNS)、癌化学療法(OCNS)、緩和ケアのスタッフも一緒に、患者さんの身体や心にチームとしてサポートしています。

南風ではたらくきっかけを教えてください
学生時代に3階病棟で実習しました。実習中に、受け持ち患者さんとの関わりの中で「看護」について、色々な看護体験をさせて頂きました。その事で「この病院・病棟でもっと多くのことを学びたい」という想いを持ち、外科病棟を希望しました。その時の患者さんとの関わりの思い出は、今でも心に深く残っています。
ローテーションを経験されていますが、感想を教えてください
今までに南風病院の部署を4回異動しました。外科系病棟に2年間、整形外科・ペインクリニック病棟に3年間、手術室に4年間勤務しました。振り返ってみると、大部分は外科に従事していることになります。手術の前・中・後を経験できる事は、そうそうない経験だと思います。現在10年ぶりに外科系病棟に帰って来たわけですが、当時の1年目や3年目だったスタッフが、今や病棟の中心的存在となり活躍している姿を見ると、頼もしくもあり、嬉しい気持ちでいっぱいになります。そして、そのスタッフ達が「お帰りなさい」と言ってくれたときには涙が出ました。今はそんなスタッフと一緒に働けて幸せです。異動時は大変ですが、異動するたびに自分の看護は開かれていきます。そしてネットワークも広がります。異動は、自分へのチャレンジでもあり、チャンスなのだと思います。
南風らしさ、南風ならでは、を教えてください
一言でいうと「南風愛」「家族愛」ですね。宿泊研修や1日研修で、病院について熱く語り合うことは、他の病院では無い事だと思います。他部門との交流を図り、目線を同じにして、同じ目標に向かって一致団結する姿は、今の南風そのものを表しているのではないでしょうか。そして毎年、理事長から頂くメッセージ付きの誕生日プレゼントは、もう20回目になります。この温かいお心遣いが、私が南風から離れられない理由の一つになっています。
今後の仕事上の目標や希望を教えてください
今年、看護師20年目を迎えました。自分の看護観を見失うことなく、看護についてナラティブに語れる看護師でありたいと思います。これからも初心を忘れず、看護について貪欲に追求し、自己研鑽に努めて行きたいと思います。今年度の目標は、スタッフ自ら「看護」を楽しめるような職場環境(風土)を作っていくことです。受け持ちナースがやりがいをもって、患者さんの看護ケアに責任を持てるように、各チームで支え合う関係作りを目指していきたいと思います。そのためには、スタッフと正面から向き合い、まずは傾聴を心がけ、部署の課題について看護管理が実践できるように、師長に支援して頂きながら部署運営に参画していきたいと思います。
公益社団法人鹿児島共済会 南風病院