DEPARTMENT各部門の紹介

リハビリテーション科のご紹介

技士長 中村 健夫

技士長
中村 健夫
Takeo Nakamura

方針

急性発症した疾患をはじめ、手術に向けての運動療法、手術後早期からの積極的な座位・立位練習をおこない(早期離床)、患者さまの家庭復帰・社会復帰がスムーズに行われるように取り組んでおります。

理学療法士

「起きる」「座る」「立つ」「歩く」などの基本的な動作能力の回復を第一の目標としており、運動や体操、物理的な刺激により筋肉をはじめとする運動器の協調性を最大限に回復させ患者さまが社会の中で自立した生活が送れるように援助していきたいと考えております。

言語聴覚士

加齢や脳血管障害、各種神経疾患、廃用などにより「食べ物が上手く飲み込めない、むせ込む」など摂食・嚥下に問題が生じると十分な栄養の確保が困難になります。摂食:嚥下リハビリテーションでは早期より専門的な検査、口腔機能訓練や摂食訓練を実践しております。さらに看護師や栄養士などの他職種との連携を図り、患者さまの生活に合わせた安心・安全な栄養摂取方法を提供していきたいと考えております。

得意分野

当院では主に急性期(整形外科、脳神経外科・神経内科等の発症、外科・消化器科のOP後など)に対応したリハビリテーションを提供しております。
ほとんどの疾患に対してクリニカルパスが整備されており、パスに基づき早期離床を進め、医師・看護師・ソーシャルワーカーなどの他職種と連携しチーム医療を推進しております。呼吸療法認定士も4名在籍しており、呼吸器疾患に対する呼吸リハビリテーション・在宅酸素導入をはじめ術前呼吸療法等も実施しております。
また、他部門と共に糖尿病教室の開催や訪問看護ステーションと連携し、訪問リハビリにも取り組んでおります。

施設基準

  • 運動器リハビリテーションⅠ
  • 呼吸器リハビリテーションⅠ
  • 脳血管等リハビリテーションⅢ
  • がん患者リハビリテーション

研究業績

研究業績はこちら

公益社団法人鹿児島共済会 南風病院